ブログ

  1. 後悔しないための税理士との顧問契約前に必ず確認しておくこと

    平均年齢が60歳以上と言われている税理士は昔から「先生」と呼ばれており、サービス業の意識が低い方がおり、決して良い評判ばかりを聞くわけでありません。

  2. 税理士を探す時に知っておきたい!事務所ごとの特徴や違いは何か

    今回は、専門性と規模の大きさによる税理士事務所ごとの特徴と、税理士事務所の所長のバックグラウンドによってどのような違いがあるのかを解説したいと思います。1.税理士事務所の専門性と規模の大きさによる区分税理士事務所について、業務の専門性と規模の大きさの2軸で分析すると以下の通りとなります。

  3. 税理士との顧問契約の報酬・顧問料・価格の相場や平均は?

    起業すると税務申告が必要となります。税金計算は複雑ですから、計算を誤ると税務調査でペナルティを課されるリスクがあります。多くの方は自分でやらずに税理士に依頼することになります。

  4. 税理士事務所と税理士法人の違いは?

    税理士事務所と税理士法人は何が違う?という方も多いと思います。今回はよく質問される税理士事務所と税理士法人の違いに違いについて解説します。1.税理士事務所と税理士法人の共通点と違い(1)税理士事務所と税理士法人の共通点税理士事務所と税理士法人に業務の内容に違いはありません。

  5. 税理士の試験に合格して資格を取るには何年必要か?合格体験記も紹介

    税理士のことを知るには、資格を取る経緯や試験のことは切っても切り離せません。今回は税理士になるための方法、試験合格までの年数、受かった方の体験記について紹介します。1.税理士になる方法(1)税理士になる4つの方法税理士になるには以下の4つのうちのいずれかの方法によります。

  6. 税理士とはどんな仕事・業務で頼むメリットは何か?

    税理士の仕事や業務について紹介します。税理士には3つの独占業務があり他の士業やコンサルタントにはできません。公認会計士との違いについてはよく聞かれますので、その点も紹介します。

  7. ベンチャーの資本政策作成の目的と具体的注意点・手法

    資本政策は、一度実行してしまうと基本的には後戻りができません。創業する際は、共同創業メンバーであれ、外部株主であれ、2人目以降の株主を入れる前には、本記事のような基本的なことを絶対に確認しておいていただきたいです。

  8. 株式会社の会社設立時の定款作成ガイド

    株式会社の設立時には、会社の組織や運営方法などのルールを定めた定款を作成する必要があります。主に会計や税務の観点から定款の必要事項と留意点について解説します。1.定款の記載事項定款の記載事項は、以下のとおり3つの種類があります。

  9. 資金調達前に知りたいベンチャーキャピタルの選び方と進め方

    ベンチャーキャピタルからの資金調達の前に知っておいた方が良いことをまとめました。ベンチャーキャピタルごとに狙っている会社ステージや業種が違います。また、資金調達をを進めていくうえでポイントとなる点や注意して頂きたい点について解説をします。

  10. 資金調達前に知りたいベンチャーキャピタルの意味と仕組み

    ベンチャーキャピタルから投資を検討してもらい、また、その後付き合っていくうえでは、彼らがどういったビジネスモデルで、組織として何を求め、担当者個人として何を求め、どういったインセンティブがあるのかを知るのも重要だと考えます。

ページ上部へ戻る