パーソナルなプロフィール

生まれ~学生時代

生まれ~幼稚園

山形県鶴岡市の専業の農家の次男として生まれました。両親は、稲作・養豚などを行っていました。

(小学校の教科書に出てくる)庄内平野の中心で、コンビニはおろか、公衆電話(スマホのない時代です)・ドリンクの自動販売機も30分以上歩かないとたどり着けないほどのド田舎でした。

小学校時代

小学生の時は、とにかく外で遊んで、水泳・サッカー・剣道など色々なスポーツをやっていました。剣道は盛んな町だったため全国大会にも出ています。

中学校時代

中学時代は、陸上部で走り幅跳びをやっていました。身長はグングン伸びて、中学の最初の2年間で20センチ伸びました。今は身長190センチです。

高専時代

身長もあったのでバスケ部に入りました。男ばかりの寮生活でしたので、夕方のバスケと夜の友達との麻雀・ゲームが楽しみでした。

会計士試験合格まで

会計士を目指した理由

学生時代はまじめに勉強したことがなく、20歳で社会人になり働き始めたときは、ビジネス書や自己啓発本は一冊も読んだことがない状態で本当に世間知らずだったと思います。

高専卒で会社に入社し、1ヶ月間の東京本社での研修後、岩手県盛岡市の支店に配属され、知り合いが誰もいないところで一人暮らしを始めました。仕事には特段目標もなかったのですが、「このまま、何となく時間が過ぎて行っていいのか?」と考えるようになりました。

「自分は何も本気になったことがないし、一度何かに挑戦したいな」と思っていたところ、会計士という仕事があることを友だちに教えてもらいました。「数字は好きだし何とかなりそうだ」というノリもあって、会社を退職し資格取得に挑戦することになりました。

専門学校で昼はガッチリ勉強、夜はバイトの日々

当時”会計士受験”とネットで検索をして、TACという予備校があることを知り入学しました。

勉強を始めた時は、貸借の意味もわからず読めずという状態でした。また、試験直前以外は夜に居酒屋でバイトをしていて、なかなか体力的にもハードでした。

しかし、徐々に勉強をする生活に慣れていき、成績も上がってきて、なんとか最初の受験で合格できました。勉強を開始してから約1年9ヶ月は正月すら休まずに勉強をしていました。

クラウド会計の導入を進めています

会計ソフト「MFクラウド会計」
ページ上部へ戻る