サービス一覧

財務部長代行サービス

財務サポートをご希望の方へ

財務部長代行サービス

貴社の税理士は銀行からの融資をサポートしてくれていますか?本サービスをご利用いただければ、日々の資金管理から銀行交渉まで弊所がお受けします。

こんなお悩みありませんか?

  • 融資を受けたいが、どこの銀行に話を持っていけば良いのかわからない
  • 申し込む銀行は決まったが、事業計画をどう作って良いのかわからない
  • 銀行との交渉のポイントがわからない
  • 銀行からの資金調達は可能な限り外部に委託したい
  • 以前税理士に銀行を紹介してもらったが、その後のサポートは特になかった
  • スタートアップ、ベンチャーへの理解がある税理士に資金調達を支援をしてほしい

財務部長代行サービスを依頼するメリット

チェック 貴社、銀行、税理士の関係が大きく変わる

本サービスは、融資の際の金融機関対応を弊所が主体となって行うというものです。

融資を実行するにあたっては慣れない事業計画書や必要書類の作成で多くの時間を費やしますし、銀行との交渉については経営者の方は大きなストレスを感じるとおっしゃっています。

本サービスをご利用いただくことにより、必要書類の作成・銀行交渉を弊所に委託することができます。

チェック 資金繰予定表の作成と継続的な更新により財務状況の明確化

資金繰表は、期首にヒアリングをしっかりとさせて頂き作成のうえ、毎月更新をします。

これにより、どの程度の資金が残っており、将来、いついくらの資金が必要になるのかが明確になります。

チェック 資金調達をするための目標設定や、銀行へのアクションの時期が明確化

貴社の財務状況によってはすぐに資金調達ができない場合や、リスケジュール(返済の先延ばし)を実施する必要がある場合があります。

「どの程度の利益が出れば資金調達を再開できるのか」「リスケジュールの交渉を行う必要がないのか」について、常に明確な状態を作ります。

チェック ベンチャーキャピタルからの出資のサポートも行います

ベンチャーキャピタルからの出資のサポートも行います。代表はベンチャー企業をゼロから共同創業し、12億円超の資金調達をした経験があり、エクイティファイナンスの実務にも詳しいです。

ただし、銀行融資と比較してベンチャーキャピタルからの出資は難易度が高く、事業計画・資本政策・投資家との交渉に関しても多くの時間が必要となります。正直に申し上げると、弊所と事業計画をしっかりと作ったからといって出資を受けられるものではなく(これに関しては他事務所様からサポートをお受けになる場合も同様です)、出資の可否は事業自体に大きな成長性があるかや経営者様の実行力に大きく依存します。

ただし、事業計画・資本政策をしっかりと作ることは必要条件にはなります。特に、資本政策はスタートで失敗すると後で修正することは不可能なため(事業自体は魅力的なのに資本政策がまずくて出資を受けられない場合もあります)、最初からその実務になれた専門家からアドバイスを受けることは有用であると考えています。

ベンチャーキャピタルからの出資サポートの料金に関しては、本サービスとは別に、個別にお見積もりさせていただきます。

サービス料金

当該サービスの料金は、サービス料金をご覧ください。無料相談のご案内

お問い合わせ

初回の相談は無料です。下記からお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. 税制適格ストックオプションに該当すれば、その利益金額に対する課税は売却時点まで繰り延べられることにな...
  2. 無償減資とは、株主にキャッシュアウトしない資本金の額を減少をいいます。
  3. 資本政策は、一度実行してしまうと基本的には後戻りができません。
  4. ベンチャーキャピタルからの資金調達の前に知っておいた方が良いことをまとめました。

クラウド会計の導入を進めています

会計ソフト「MFクラウド会計」
ページ上部へ戻る