サービス一覧

税務顧問

顧問税理士をお探しの方へ

税務顧問

顧問税理士の方は、御社のためにお役に立っていますか? 弊所は、会計・税務代行業務とファイナンス支援を通じて、クライアント企業様の本業への専念を徹底的に支援します。

こんなお悩みありませんか?

  • 事業計画を一緒に作ったことがない、アドバイスをもらったことがない
  • 顧問税理士がスタートアップ・ベンチャーへの理解がない、最近のビジネスモデルのキャッチアップが出来ていない
  • 役員報酬決定について一緒に考えてもらったことがない、節税対策について何も提案をしてくれない
  • 税務調査の対応が税務署のいいなりになっていた
  • 質問してもレスポンスが遅く、受け身でありきたりな回答が多い
  • 資金調達の相談にのってくれない

当事務所へ税理顧問を依頼するメリット

チェック ベンチャーCFOの経験がある税理士に相談できる。

代表はベンチャーCFOとして働いた経験がありますので、ベンチャービジネスに理解があります。
現在は全て代表が担当させていただいております。

チェック 融資などの資金調達に強い

自社でも融資を実行しているため、最新の融資制度の案内ができます。
また、代表はベンチャー起業をゼロから共同創業し、10億円超の資金調達をした経験があり、エクイティファイナンスの実務も詳しいです。リアルな資金調達の現場を知る数少ない税理士と自負しております。

チェック 事業計画・資本政策の作成に強い

事業計画の指導をほとんどのクライアントに実施しているため、事業計画作成のノウハウがあります。予実分析を経営者と一緒に行うことで、PDCAサイクルを回せるようにします。
VCなどからエクイティファイナンスを検討しているスタートアップ・ベンチャー特有の事業計画・資本政策についてもアドバイスできます。

チェック クラウド会計の導入・運用をサポート

会社の状況を知るには、事業の予測精度あげることと月次の試算表をタイムリーに出し分析することが重要です。
弊所はクラウド会計システムであるMFクラウド、freeeの導入を積極的に支援しており、いつでもどこでも数字のチェックができる環境を提供しています。

チェック 財務戦略をベースとした節税提案を行います

創業当初の会社や個人事業で最も重視すべきことは、「事業継続のために資金がつきないようにすること」と考えています。

新たに資金を得るには、「利益を上げること」と「資金調達をすること」をするしかありませんが、無理な節税は「資金調達をすること」に悪影響を与えます。

財務戦略と節税対策は一体で考える必要がありますので、その観点からアドバイスさせていただきます。

含まれるサービス

サービス内容 ノーマル プラチナ
①ご相談、ご質問 ※1 %e7%84%a1%e9%a1%8c %e7%84%a1%e9%a1%8c
②クラウド会計の導入・運用サポート ※2 %e7%84%a1%e9%a1%8c %e7%84%a1%e9%a1%8c
③決算書、法人税/所得税申告書の作成 %e7%84%a1%e9%a1%8c %e7%84%a1%e9%a1%8c
④決算前の節税提案 ※3 %e7%84%a1%e9%a1%8c %e7%84%a1%e9%a1%8c
⑤事業計画へのアドバイス ※4 %e7%84%a1%e9%a1%8c %e7%84%a1%e9%a1%8c
⑥財務部長代行サービス %e7%84%a1%e9%a1%8c

※1 貴社で生じた経営上の疑問について、基本的にはメール・チャットで、回数は無制限で相談をお受けしています。
※2 弊所はクラウド会計システムであるMFクラウド、freeeの導入を積極的に支援しています。
※3 決算書の作成、法人の方は法人税申告書、個人事業主の方は所得税申告書を作成します。
※4 決算前に利益予測を行い、必要に応じて節税提案を行わせていただきます。
※5 事業計画作成に当たってのアドバイスをさせていただきます。
※6 貴社の財務部長として、資金繰りの管理から、必要な融資額の検討、事業計画作成、銀行交渉、モニタリング資料の作成まで全て行います。
財務部長代行サービスについては、「財務部長代行サービス」をご覧下さい。

サービス料金

当該サービスの料金は、サービス料金をご覧ください。

 無料相談のご案内

初回の相談は無料です。下記からお問い合わせください。

ピックアップ記事

  1. 税制適格ストックオプションに該当すれば、その利益金額に対する課税は売却時点まで繰り延べられることにな...
  2. 無償減資とは、株主にキャッシュアウトしない資本金の額を減少をいいます。
  3. 資本政策は、一度実行してしまうと基本的には後戻りができません。
  4. ベンチャーキャピタルからの資金調達の前に知っておいた方が良いことをまとめました。

クラウド会計の導入を進めています

会計ソフト「MFクラウド会計」
ページ上部へ戻る