POSレジとは?飲食店や美容室のための基礎知識

POSレジはもともと小売チェーンや飲食チェーンが導入することが多かったのですが、近年は、専用機を買わなくとも、汎用のタブレットでクラウド型のソフトを使うことで簡単に導入することができるようになり、小さなお店でも導入することが多くなりました。

今回は、小さな飲食店や美容室にも導入可能になったタブレットによるPOSレジの基本的な機能・導入のメリットを中心に、税制優遇制度などについても解説します。

1.POSレジとは?

(1)POSレジはなぜ生まれたのか?

POSレジは、もともと店舗ビジネスを展開する会社が、各店舗の商品やサービスの金額を計算を容易にし、不正を防ぐために生まれました。

POSレジがない時代には、商品を注文するにも何の在庫がいくつあるのかを注文するたびに計算する必要があったでしょうし、売上金額も毎日集計計算が必要で、またアルバイトなどによる不正も容易にできてしまっていたと思います。

(2)近年は小型化・クラウド化により大きく進化

一昔前は、インストール型のソフトを導入された専用機が必須でしたが、現在は汎用機であるタブレットや他の携帯端末を使うことも可能となりました。

これは、タブレットなどの端末が高機能化・低価格化が進んだこと、サービスを提供する各社がクラウド型のソフトを開発・提供し始めたこと、店内に容易にWi-fi環境を整備することができるようになったことなど、様々な環境が整ったことが要因と思われます。

今後は、タブレットなどの汎用型端末で店舗のオペレーションを実施・データ収集・分析を行い、それをいつでもどこでも、(ご自分のスマホなど)どのような端末からでもチェックできるのが当たり前になりそうです。

2.POSは「Point Of Sales」の略

POSは「Point Of Sales」という英語の頭文字を取ったものです。言葉のとおり、元々は「商品やサービスの販売・提供がおこわなれる場所」を意味する言葉ですが、「商品を販売した時点での情報を管理する手法」という意味で使われてます。よって、POSレジは、「レジを打つと同時に、その情報を使って、商品の販売情報を管理することができるもの」と言えます。

レジがネットワークに繋がっていれば、販売情報がクラウド上で集約され、蓄積・分析されることで、遠隔でもお店や企業の売上改善を図る方法を検討することができます。

3.POSレジのメリット

(1)データ集・分析が容易にできる

いつ、何が、何個、いくらで売れたかというデータが正確に分かるようになります。

いくら売れたかはもちろんですが、商品の購入情報とも連動させれば、特定の商品について、回転数はどのくらいか、長期間滞留している在庫はいくらあるのかなどの在庫管理に役立つのはもちろんですが、その情報をベースに、適切な発注量を決定することや、売れ筋を見ることで今後の発注すべき商品や製品・サービス開発に役立つ情報を入手することができます。

美容室やエステなど、顧客情報をもつ店舗にといては、各顧客の特性別の来店頻度や平均単価などの、より詳細な販売データを作成できます。

(2)店舗での入力業務の軽減、入力ミスの削減

あらかじめ商品登録をしておけば、ハンディ機(スマホやタブレットなどもハンディ機になります)でワンタッチで注文入力をすることができます。紙伝票に記入する場合、レジ打ちの際にミスが生じることがありえますが、ワンタッチ注文入力の場合は、少なくとも転記間違いは起こりません。

また、いまだに会計の際に集計計算しているお店もありますが、そのような必要はなくなります。集計計算は自動で行ってくれるためミスは生じません。

(3)会計システムとの連携で事務負担の軽減

 

最近のPOSレジシステムはクラウド型の会計ソフトととも連携しています。あらかじめ連携の設定をしておけば、ワンタッチもしくは自動で会計ソフトに売上データを取り込むことができ、会計システムへの入力業務を行う必要がなくなります。

(4)店舗での不正防止

POSレジを使うことにより、店舗の担当者による不正も減らすことができます。

不正は、POSレジを導入したからといって完全に防ぐことができるものではありませんが、操作履歴が記録として残るため、不正な値引をした販売、会計の取り消し、売価の変更などがあれば、後からでもチェックすることが可能です。こうした機能があることを事前に担当者に伝えておけば、不正の抑止力としても効果があります。

4.POSレジの最新動向

(1)小型化・クラウド化

冒頭で説明したとおり、最近では機器の小型化やデータベースのクラウド化によって、レジカウンターでも変革が起きています。

昔は専用機が必要でしたが、現在は、タブレットにプラスして、レシートプリンター、キャッシュドロアーなどのコンパクトな機器があれば、店舗での会計回りの業務は完了します。決済方法については、クレジットカードはもちろんですが、交通系ICカード、電子マネーなど多様化し、現金でなくても支払いができるようになり、財布を持ち歩かず、スマホアプリでの決済も可能になっています。

リクルートが2014年からサービスを開始したAirレジは、既に25万件以上の導入が進んでいます。

(2)導入時の補助金

「小規模事業者が消費税軽減税率制度に対応する」という趣旨で、現在は補助金制度があります。POSレジを導入する際にはこの制度に合致するようにして、申請を忘れずに行ってください。

軽減税率対策補助金

主なポイントは以下のとおりです。

  • 申請受付期限は、平成30年1月31日までに事後申請(ただし、システム改修等などの一部は事前申請が必要なものあり
  • 基本的には補助率は2/3ですが、1台のみ機器導入を行う場合でかつ導入費用が3万円未満の機器については補助率3/4、タブレット等の汎用端末についての補助率は1/2と、補助率が異なります。
  • レジ本体のほかに、ジ機能に直結する付属機器等(バーコードリーダー・キャッシュドロア・クレジットカード決済端末・電子マネーリーダー・カスタマーディスプレイ・レシートプリンタ・ルーター・サーバ)も合わせて補助対象となります。
  • それぞれの型において、補助額は1台あたり20万円が上限となります。また、新たに行う商品マスタの設定や機器設置(運搬費含む)に費用を要する場合は、さらに1台あたり20万円を上限に支援します。
  • 複数台数申請等については、1事業者あたり200万円を上限とします。

詳しくは、軽減税率対策補助金をご覧下さい。

まとめ

POSレジは初期費用はかかりますが、導入後は店舗のオペレーションを大きく改善してくれます。また、売上の分析などもリアルタイムでどこでもできるようになります。

さらに初期費用については1/2-2/3程度は補助金で賄えてしまいますので、今が導入のチャンスです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です