ブログ

  1. 記帳代行サービスを税理士・会計事務所に依頼するメリット・デメリット

    税金を正しく申告するためには、日々発生する売上・経費などを、一定のルールに基づいて帳簿に記入していく必要があります。この取引を帳簿に記入していくことを「記帳」と言い、この記帳を外部の税理士事務所や代行会社がで実施することを「記帳代行」と言います。

  2. ゴルフ場利用税とは?~仕訳(交際費)と消費税(不課税)の処理を解説~

    ゴルフ場の利用料は交際費の課税取引として一括処理するのではなく、ゴルフ場利用税や緑化協力金を消費税の処理で不課税取引としなければならないことは、ご存知でしょうか?今回は、ゴルフ場利用税の概要と取引先や社員でゴルフ場を利用した時の仕訳・消費税の扱いについて解説します。

  3. 仕訳が1.5倍速で入力できる!?摘要欄の目的と書き方

    経理の担当者であれば、当たり前のように入力している摘要欄。

  4. 領収書の書き方・作成の仕方と収入印紙のルール

    起業をする前は「受け取る側」として領収書をもらっていても、いざ「自分が発行する側」になると、要件や書き方がわからないものです。

  5. レシートもOK?領収書の宛名、押印、分割、間違い、再発行などの正しい理解。

    「領収書はないけど、レシートじゃダメなの?」「宛名は会社名を必ず書かないといけないの?」「空欄のある領収書は自分が記入してもいいの?書いた場合は違法じゃないの?」「会社の出張や立替精算で貯まったマイルポイントを使うのはダメなの?」領収書の管理や正しい精算の仕方については、多くの疑問や誤解があ...

  6. 交際費を正しく理解しましょう!5000円基準、損金となるもの、会議費との違い

    企業はその活動を行ううえで、社内外での円滑な人間関係を構築するために、社内や取引先などと飲食をしたり、ゴルフをしたり、謝礼などを支払うことは、ある意味で欠かすことができないものといえます。

  7. 源泉徴収票を紛失したときの時の対応・再発行の仕方

    年中に転職した方、サラリーマンやフリーランスで確定申告をする必要な方は、源泉徴収票が必要になります。一方で、源泉徴収票は、小さい紙ですし、その重要性を知らないとなくしてしまう方もいらっしゃると思います。

  8. 消費税の還付の仕組みと申告から入金までの期間

    消費税は「8%分支払うもの」というイメージをお持ちかと思いますが、会社の状況によっては、戻ってくることがあります。消費税の納付額は、預かった消費税から支払った消費税を差し引いた額で計算され、これを国に納税します。

  9. 源泉所得税を納付漏れが判明するとどうなるのか?

    源泉徴収の納付については、原則として給与などを実際に支払った月の翌月10日までに国に納めなければなりませんが、給与の支給人員が常時9人以下の会社は特例が認められています。また、納付が遅れてしまっても、加算税が免除される場合があります。

  10. 売掛金に貸倒損失・貸倒引当金が発生した場合の消費税

    売掛金に貸倒損失が発生した場合、消費税の納税額の計算上、その売掛金の消費税分は控除することができます。消費税の計算の全体像から、基本的な控除をするための要件、税法上の貸倒の要件、実際の仕訳、そのほかの留意点について見ていきます。

ページ上部へ戻る