ブログ

  1. 株式報酬型ストックオプション(権利行使価格1円)の税務と会計処理

    株式報酬型ストックオプションは、権利行使価格を1円などの極めて低い価格に設定し、権利行使することで株式自体が報酬となるとともに、株価の上昇が更なる報酬となる制度です。発行会社・付与対象者のメリット、発行会社の会計処理、個人の税務について解説していきます。

  2. 無償ストックオプションの発行会社の仕訳・会計処理

    今回は、無償ストックオプションを発行する会社の会計処理を紹介します。未公開企業と(非上場企業)と公開企業では会計処理が異なりますので、注意が必要です。ブラックショールズなどの難しいオプション価値算定は、未公開企業では必要ありません。

  3. ストックオプションの個人の税金。税制非適格の場合の最高税率は55%!

    ストックオプションは、上場を目指すベンチャー企業にとっては、従業員の経営参加意識を高める、業績向上のインセンティブになる、キャッシュアウトを伴わない報酬支給の手段になる、などのメリットがあり、大きな武器になります。

  4. 税率は約20%!税制適格ストックオプションの要件とは?

    税制適格ストックオプションに該当すれば、その利益金額に対する課税は売却時点まで繰り延べられることになります。また、利益金額は所得税法上の譲渡所得となり、税率は約20%で一定です。

  5. 上場を目指す企業のためのストックオプションのメリット・デメリット

    ストックオプションはベンチャー企業にとっては大きな武器になります。私もベンチャー企業にいたときはよく「やっぱりストックオプションが目的?すごいことになるんでしょ?」と言われていました(ちなみに株式を持っていたためストックオプションはありませんでした)。

  6. ストックオプションとは?制度とインセンティブの仕組み

    ストックオプションという言葉を聞いたことがあることは多いと思いますが、実際にどういうものかを正確に理解されている方は少ないと思います。本記事では、ストックオプションの制度とインセンティブの仕組みを解説します。

  7. 償却資産

    少額減価償却資産か?一括償却資産か?少額資産か?早期償却処理のポイント

    購入した資産については、数年に渡って減価償却するよりも、購入した年度に経費処理したほうが節税できる、ということはご存知の方も多いと思います。処理の違いによる具体的なキャッシュフローへの影響と、一括で経費処理するもしくは減価償却期間を短くするためのポイントを解説します。

  8. 無償減資の目的・手続と外形標準額資本割・住民税均等割への影響

    無償減資とは、株主にキャッシュアウトしない資本金の額を減少をいいます。無償減資の目的・手続と、会社法や税額(外形標準額資本割・住民税均等割)への影響を解説します。1.無償減資とは?減資とは、資本金の額を減少することをいいます。

  9. これで安心!税理士の選び方・相談の仕方のまとめ

    税理士を探される時に、税理士とはどんな人で、どうやって探せば良いか、いつ相談をすればよいか、わからないことが多いと思います。シリーズで税理士について解説していますので、税理士に依頼される前にぜひご覧下さい。

  10. 紹介会社や検索サイトを使うのはありなのか?税理士の探し方

    皆さんは税理士はどのように探した方がよいかご存知でしょうか。税理士の探し方は様々ですが、それぞれのポイントを解説したいと思います。1.知人の紹介もし、税理士からサービスを受けている知人等がいて、その知人が税理士を高く評価しているなら、紹介してもらうのが一番良いと思います。

ページ上部へ戻る